会社概要

images
  • 長錦商船株式会社(韓国本社)は、1989年に、香港会社登録庁から長錦有限公司(Sinokor Company Ltd)の商号を承認されました。 同年6月、中国海運港湾庁から韓国と中国、両国間のコンテナ航路開設の認可を受け、初めて『M/V MELISA』を就航させて直行サービスを開始し,続いて『M/V MACAU VENTURE』及び『M/V MILD SPLENDOUR』を順次投入し、継続的にサービスを提供しております。 この航路開設は両国が外交関係を開く3年前のことであり、両国交易の端緒を開き、人的、物的交流を大いに促進、その後の国交樹立に大いに寄与したものと自負しております。 1998年には、韓国船社では初めて、韓国の蔚山、光陽港への寄港も開始、リードタイムの短縮等、物流に大きく貢献してまいりました。 さらに、コンテナ輸送には不毛の地とされていた韓国の平澤からも、中国の上海、青島、天津及び大連に定期航路を開設し、韓国西岸の物流革新を先導して参りました。

    SINOKORグループは2001年からBulk及びTanker市場にも進出、グローバルスタンダードな技術専門家を擁し、世界トップクラスのサービスを提供しております。

    長錦商船の日本現地法人である当社は、「Challenge」と 「Nothing is impossible」をモットーに掲げ、1999年2月から日本⇔韓国航路サービスをスタートしました。 2015年3月現在、日本の主要港、地方港合せて36港に寄港し、日本⇔韓国航路のみならず、日本⇔中国、日本⇔東南アジア、日本⇔中東、日本⇔ロシアを繋ぐコンテナサービスを提供しております。 わが社は東京本社、大阪支店を軸に、日本全国30ヵ所を超える地方代理店とともに、お客様のご要望に迅速かつ正確な対応すべく、日々研鑚を積んでおります。

    また、長錦商船のグローバルネットワーク(16ヶ国60港、34ヶ所の現地法人及び事務所)を通じて、最適・最善の物流サービスを提供しております。